中古の高級時計をギターと交換した話

高級時計収集マニアの話で思い出した時計

以前、付き合っていた年上の彼女からタグホイヤーの腕時計をプレゼントされました。
しかし当時の私は、時計はただ時刻を知るだけのものといった考えを持っていたため腕時計自体に全く興味は無く、その時計が高級時計であることを知りませんでした。
そのため、せっかく貰ったものの着けてみたのはたった1度だけで、その内にその彼女とは別れてしまったためケースにしまったまま自然とその存在を忘れてしまいました。
それから数年が経過し、私は違う会社に転職しました。
ある日職場の飲み会があり、わいわいと騒がしく飲んでいました。
そのときに趣味の話題になり、私はギターが趣味であることを話しました。
実際、中学生くらいから独学でギターを練習して高校ではバンド活動に勤しみ、前の会社では軽音楽部に所属して定期的にコンサートを開催するなど、そこそこの腕前だったと思います。
時計には興味はありませんがギターは高級品が好きで、所有するギターもアコースティック・セミアコースティック・レスポールタイプ・ベースギターがそれぞれ1台ずつあり、中には現在プレミアが付いているものもあります。
ただ、とりあえずギター欲は満足しているものの、以前からストラトキャスタータイプが1台あれば演奏の幅が広がるな、と思っていました。
そして、ひとりずつ話をしていましたが、その中に高級時計を集めるのが趣味という人がいました。

高級時計収集マニアの話で思い出した時計高級時計と知らずに友人の高級ギターと交換する売っていたら中古の時計でも新品のギターが買えた